月別アーカイブ: 2016年9月

バスが利用しづらい理由

バスは利用しづらいというように感じている人は非常に多いです。
バスというのは電車にくらべて、遅延が日常茶飯事であるからです。とくに停留所の予定時刻どおりに来たことがあるという人は少ないでしょう。かならずといっていいほど遅れます。

また逆に早くに来て、予定時刻よりも早く出発していたなどということもあります。このように時間がはっきりしていないというのがバスが利用しづらい一番の原因でしょう。道路の混雑状況、天候によってまったくダイヤが変わってしまいます。

バスを利用したくないという人の意見では、停留所で待っているのが嫌だというものがあります。
電車のホームのように屋根があるのは、停留所では当たり前のことではありません。しかも道路に面して停留所がありますから、交通量が多い道路であったような場合には、排気ガスを吸い続けなくてはなりません。

もしも天気のいい日であったなら、紫外線も浴び続けなくてはなりません。こういった停留所で待つのが嫌でバスを利用しないという人も多いわけです。停留所の問題は、屋根のとりつけやスペースの改善などで、いい方向にいかせることもできるでしょう。

しかし現状では、停留所の時刻表がついた標識と、プレハブのようなベンチが雑然と置かれているというようなところが多いです。これではここで待つのが嫌だと感じる人が多いのは当然のことのように感じられます。

また、バスに乗っているうえで不満が多いのが、近くの病院や施設などのアナウンスです。電車では必要な情報しかありません。次に着く駅であったり、他路線の遅延情報だったりするわけです。しかしバスでは自動アナウンスの声で近くの病院や施設の宣伝が流れてくるところがあります。

こういった一方的に宣伝を聞かなければならない状況が嫌だと感じる人も多いです。
これも改善できる要素ではあるでしょう。あとは、バスを利用しづらい事情として、とくにはじめて使う路線であるような場合には、自分が行きたいところにそもそも行くのかがわからないということです。

電車では最寄り駅をわかったうえで乗るわけですからそういったことは問題になりません。
しかし、バスの場合には、なになに経由なになに行きなどで、自分が行きたいところがそれに該当しているのかがわからないということが多いわけです。停留所にしっかりとした地図とルートが書いてあることはほぼないといっていいでしょう。

そして乗ってから運転手に聞かなければならないというのが嫌だという人も多いわけです。

バスの遅延をなくすために

バスというのは地域によって乗り方や降り方が大きく違ってくるので戸惑う人も多いでしょう。
とくにバスの前と中ほどのふたつにドアがついていることが多くなっています。そしてそのうちのどちらから乗るかということも、バスによって変わってきたりします。

とくに動線などを考えると、そうでないほうがいいのに、といった方のドアが開くことも多いです。たとえば乗るのも降りるのも同じドアだとめんどうです。そして多くは運転席のとなりにカードを当てたり小銭を入れたりする支払い場所があります。なので前から降りることが多いでしょう。

そして乗るときは中ほどのドアから常に乗るようにしておけばいいわけです。
しかし、バスによっては前から乗るにするところもあります。これだと支払いと、乗る人がかちあってしまって、乗る人は待ってなければいけません。

バスは遅延することが多く、それによってイライラする人も多いです。この遅延の原因はまさしくこの無駄な乗り降りによるロスタイムではないでしょうか。つまり、前から降りるのには、スイカやパスモを読み取り機にあてて降りることになります。

これだとあまり時間はかかりません。しかし電車と違ってそこで一気に人がなだれのように降りるということありえません。バスは基本一列にならんで降りていくでしょう。なかにはスイカやパスモではなくて、小銭で払う人もいます。そして小銭がなくて、そこで両替をしてから小銭を投入する人もいるでしょう。

そして一列に並んだ人たちすべてが降りてからようやく乗る人の出番だというわけです。乗る人がすべて椅子についてから、基本的にはバスというのは発車するようになっています。しかし、もしも前が降りる人、そして中ほどが乗る人、というように常に分かれていたらどうでしょうか。そうであったような場合、降りる人が支払いをしてはけていくのと同時に、中ほどから乗る人が入ってきて空いた椅子に座ることができます。

そうなると非常に効率的です。降りてから乗る、というのではなく乗り降りが同時にできるため、支払いをすませながら、しかも一列でしか降りることができないというバスの弊害を抑えることができます。
欲をいえば、すべてのバスが前払い方式になるということです。そういったバスはありますが、すべて一律料金として前払いになれば、さらに乗り降りにかかる時間は短縮できるでしょう。

バスの遅延の大きな原因を解決するためには、こういったことが必要になります。

薬の組み合わせに関する相談をする事ができる薬剤師

何かの薬を服用をするとなると、しばしば組み合わせがポイントになります。組み合わせによっては、大きな健康被害が懸念されるからです。そして薬剤師という職業は、その組み合わせには大きく関わっています。

結論を申し上げると、薬剤師は非常に重要な職業です。なぜなら上記の健康被害に関して、様々なサポートを行っているからです。人々にとっては、とても重要な存在なのは間違いないでしょう。

具体的には、例えば痛み止めが挙げられます。痛み止めは、バッティングなどが非常に怖い薬です。組み合わせによっては、とても大きな問題が生じかねません。

例えばある痛み止め薬Aがあるとします。それは1種類だけ服用する分には、特に問題はありません。しかし他の薬と併用すると、大きな問題が生じる事もあるのです。

そもそも痛み止めと言っても、1種類だけではありません。薬店に行けば、相当多くの痛み止めが陳列されている事は、ほぼ間違いないでしょう。それで組み合わせなどは、1つのポイントになってくるのです。

例えば上記のAと一緒に、Bという痛み止めを含むをしたとします。その場合、大きな副作用が生じてしまう事もある訳です。他の薬剤と化学反応を起こしてしまい、深刻な問題が生じるケースも少なくありません。

そして人々がどこかで薬を検討するとなると、しばしば上記の組み合わせに関する問題が浮上します。どこかのお店にて、ある薬に興味を持ったとします。それで現在痛み止めを服用中だとすると、健康被害に関する問題が心配でしょう。

このため人々は薬を検討する時に、果たして購入しても問題無いかどうか気になる事があります。現在服用中では痛み止めとバッティングして、何か大きな問題が生じる確率もゼロではありません。副作用は怖いですね。

こういう時に活躍してくれるのが、冒頭で述べた薬剤師です。と言うのもその職業の方々は、いわゆる薬の専門家になります。AとBのバッティングのような知識などは、とても豊富な職業です。

ですので上記の組み合わせに関する不安がある時には、ちょっと薬店に常駐する薬剤師に相談すると良いでしょう。現在服用中の薬を薬剤師に伝達すれば、果たして問題無いかどうかも判断してくれるからです。少なくとも独断で薬を購入して、副作用が生じるよりも、遥かに安全と言えます。

それを考えれば、やはり薬剤師は人々にとっては頼もしい存在です。何せ副作用は、後遺症などを引き起こしてしまう事もあります。それも怖いですから、薬に関する不安点がある時には、気軽に相談するのが無難と言えます。

適切な薬剤をおすすめしてくれる薬剤師

日常生活において、体調不良になってしまう事はたまにあります。体調不良は、人々にとっては脅威ですね。症状も、もちろん色々考えられるでしょう。

例えば、発熱などはあり得ます。ある日突然に体がだるくなってしまって、熱を測ってみたら38度や39度などと著しく高くなる事も珍しくありません。そうかと思えば、痒みなどの症状もあり得るでしょう。事例は色々と考えられます。

そういう時に活躍してくれるのが、薬剤師という職業です。上記のような様々な健康上の問題が生じた時は、たいていは多くの方々は薬店などに行くでしょう。近所のドラッグストアなどに足を運ぶ方々も、多いですね。

痒みに関する問題を解決したいと思うなら、やはり塗り薬などを購入する選択肢が浮上します。そしてお店には、非常に多くの商品が陳列されています。塗り薬1つだけでも、相当な種類がある事は間違いありません。

また上記でも触れた発熱なども同様です。熱を下げる為に、何か飲み薬などを服用したいと思う事はあり得るでしょう。飲み薬はかなり多くの種類がありますから、どれにすれば良いか迷うケースも多々ある訳です。

ところで薬店などでは、たいてい薬剤師が常駐しています。殆どの薬剤師は白衣を着用していますから、分かりやすいと思われます。もしも自分にとって最適な薬が分からない時には、ちょっとその薬の専門家に相談してみると良いでしょう。

たいてい薬剤師の方々から、様々な質問が行われます。どういう症状があるかも、細かくヒアリングされる事になるでしょう。それで状況を把握した薬剤師などは、適切な商品を紹介してくれる訳です。

「あなたの場合は、この薬剤を使ってみてはどうですか」などとおすすめしてくれます。もしも薬剤師がいない状況ですと、的外れな薬剤を選んでしまう可能性があります。それではお金を無駄使いしてしまう可能性があるのです。

上記で述べた通り薬剤には色々ある訳ですが、もちろんそれぞれ効果に関する違いがあるのです。自分の症状に不適切な薬剤を選んでしまうと、効果が著しく限定される傾向があります。それでは痒みなども収まりづらくなってしまいますし、発熱が下がらない可能性もあります。

しかし薬剤師が適切な商品を選んでくれれば、それだけ症状が解決される確率も高まる訳です。それを考えると、薬剤師は多くの方々を陰で支えてくれている訳です。頼もしい存在と言えます。

逆に薬剤師を目指す方々などは、それに魅力を感じている事も多いです。人々から頼られるからです。地域住民を陰から支えたいので、薬剤師として働きたいと望む方々も多いですね。